読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元秘書AKUの”パニ&鬱”克服ブログ

秘書時代に受けた過労とあらゆるハラスメントでパニと鬱に。現在は大企業でしがない派遣社員・・・人生のリベンジなるか!?

退職したく存じます。

よし!

 

やっと言えた!!

 

返事はまだだけど、四月に退職したいと伝えました。

 

1年越しの退職願。

本気バージョン。

 

4年前に過呼吸でぶっ倒れてから・・・と考えると4年越しになる。

 

実は2月初旬からまたパニック発作が群発しており、

現在会社を休んでいる状況です。

ボスも困っているみたい。

面子が立たなくて。

秘書は、私の部下があと3人いるので業務上はあまり問題は有りません。

 

今日で2週間目に突入。今は不眠も加わりました。

 

昨年からこうやってぼちぼちと仕事に穴をあけてしまうようになりました。

 

去年の今頃に1ヶ月休んだのは、自殺未遂後でした。

心神耗弱状態にあり、ものもろくにしゃべれない私。

父から役員へ直電を入れてくれました。

それまでは自分の娘がこんな働き方を強いられているとは知らなかった父。

怒り心頭だったが、しかし年の功とも言うべきか、

穏やかに、交渉するように怒っていました。

 

どんな働き方かというと。

 

朝は普通通り、もしくは社長出張同行時などは、

朝4時に自宅出発、なんてのもざら。

そして帰りは決まって午前様。

一日平均17〜18時間労働。

 

明け方に、24時間営業してるラーメン屋とかおにぎり屋に寄って、

クレイジーだなーと思いながら、そして、

「これは朝ご飯?晩ご飯?」なんてくだらないことを考えながら

泥酔のサラリーマンに混じって食べてたっけ。

 

眠眠打破タウリン系、カフェイン系、

何本飲んでも正常な頭には戻らず、

自殺未遂前はろくに頭も働いてなかったはず。

ただ恐怖で突き動かされていただけだと思う。

 

毎日コンビニにうっている一番高い栄養ドリンクを3本は飲んでた。

鬱とパニックは、多分この栄養ドリンク依存からもきていると、

自分では思っているのです。

 

残業が徹夜となってしまったある日。

午前5時、誰もいないオフィスで、出発前に・・・と1本飲んだんです。

いつも通りぎゅっと一気飲みした瞬間に、

噴水のように逆噴射してしまいました。

その後、呼吸困難となり、本気で死ぬかと思いました。

 

これが人生2回目の過呼吸

パニック障害が顕著に体に現れた瞬間でした。

 

ちにみに、あれ以来、栄養ドリンクを飲むと、

逆噴射してしまうようになりました。

 

平均17時間労働/日。

休日は月平均5日くらいかな。

これを4年続けた結果でした。

入社2年目以降は毎日死ぬ事ばかり考えてました。

 

勤務表では休憩をいれず実働7時間労働ってことになっている。

タイムカードじゃなく手書きの勤務表。

これを書くときは、心を無にして9:00ー17:00と書くのです。

 

1日残業10時間×25日=250時間(残業時間/月)

もちろん、すべてサービス残業

 

残業100時間で自殺しちゃう人もいるんだもん、

よく生きてたよ、私。

いまじゃ薬漬けだけども。