読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元秘書AKUの”パニ&鬱”克服ブログ

秘書時代に受けた過労とあらゆるハラスメントでパニと鬱に。現在は大企業でしがない派遣社員・・・人生のリベンジなるか!?

階段から転落

表題の通りです。

 

階段から転落してしまいました。

尋常じゃない疲労感と平衡感覚のなさ、明所から暗所に行った時の目眩(その反対も然り)など、体の異変が今や日常になってきている中。

 

気づけば4時間の残業後、退社時に会社の外階段の上から踊り場へ。

グラッときてそのまま前のめりに。

手荷物が振り子現象でポーンと前に投げ出され、それがクッションになって奇跡的に顔は無傷。

そのかわり、肩から下は打撲、打撲、打撲。

 

しかも雨の外階段。

服はべちょべちょ。

胸も打ったのでしばらく息もできず、ウググ・・・と踊り場に倒れ雨に打たれていました。

 

痛いのと、情けないのと、なんだか悲しくなり、タクシーをひろってしんみりと泣きました。

 

帰宅後は身体中湿布だらけ。

 

そんな体で今朝は健康診断。

シップに包帯に、見るからに不健康(笑)

検診会場のスタッフの皆様、とても優しく、心が癒されました。

 

文字通り、満身創痍で臨んだ健康診断ですが、何が一番辛かったかというと、バリウム検査。

 

「横向いて〜こっち向きながらうつ伏せになっって〜そのままくるっと回って仰向けになって〜はい、ちょっと右側に傾きましょう〜」

 

・・・いたーい!!!痛い痛い痛い!!!

 

と、心で叫びつつ、「体痛いだろうけど、がんばりましょう」の言葉に、げっぷを我慢しつつ応えました。

 

あと、ものすごくストレスがかかるのが、血液検査。

血管が出づらい腕なのです。

何度も腕を絞られ、「多分ここ」的に針を刺し、刺したあと腕の中で血管を探されるという地獄。

コリコリ・・・(ぎゃー!!)

 

これをやられると完全に白目を向いてしまいます。

 

「痛いの大丈夫ですかー?」

「はい、大丈夫です」

 

反射的に出てしまう「大丈夫です」。

 

仕事でもそうだったな。

大丈夫じゃないのに、大丈夫です。

できないのに、やります。

自分のせいじゃないのに、申し訳ございません。

保身のネタにされているのに、申し訳ございません。

嘘だとわかってるのに、申し訳ございません。

 

この仕事、恋しいなと思うことが一日に何度もあります。

 

でもこうやってブログを書くことで、今の自分に何が一番大切なのか、それを自分に言い聞かせています。