読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元秘書AKUの”パニ&鬱”克服ブログ

秘書時代に受けた過労とあらゆるハラスメントでパニと鬱に。現在は大企業でしがない派遣社員・・・人生のリベンジなるか!?

絶不調

この会社での日々もあと数日だというのに、体も心も絶不調です。

朝もまともに出社できず。

電磁波に体が包まれて体が動かず耳鳴りもひどく声も出ない、ぐるぐると暗闇に回りながら吸い込まれていく、そんな感じです。※もちろん実際電磁波に包まれてるわけはないけど。

今朝はそこに過呼吸がくっついて。

朝の出勤を断念。薬を飲んで少し眠り、落ち着かせます。

今日もボスが使用する重要書類を役所に取りに行かねばならず、昼過ぎには這うようにして起きて役所へ。

役所でも発作が起き、同僚に書類を取りに来てもらって手渡して、その後直帰。

12時間ほど眠りました。

辞めたらほんとうに、元の体に戻るんだろうか。

このままなら、いっそのこと、死んでしまいたい。

人間らしい生活が営めない。

婚約者にも迷惑をかけるし、なにより、私がこう生きたい、こんな人生を送りたいと思っていた生活から、むしろ日々遠ざかっているのがとても辛い。

あのとき、どうしてもっと早く会社を辞めなかったんだろう。

あんな人間としての人権を無視されたような日々から、どうしてもっと早く抜け出さなかったんだろう。

怒りは会社へと向きます。

ブラック企業、ブラックバイトとよく聞きますが、本当にブラックな生活を強いられている人は、すぐに辞めたほうがいい。

頭も体も壊れてからじゃ、遅いんです。

私は4年間くらいかな。
異常な働き方をしてきました。
前述した通り、月200時間くらいの残業。

もちろんまともな食生活など構築できませんでした。

寝不足の体を400円くらいする瓶のカフェインドリンクで無理やり覚醒させ、食事の時間もままならず。

コンビニでおにぎりなどを買うも、化学調味料の味が吐き気をもよおすようになり、そのうち、飲むゼリーやバナナ、ヨーグルト飲料、プリンなどしか喉を通らなくなり、食べたいものを買うのではなく、食べれそうなものをドカ買いする日々になりました。

なので、コンビニでの一度の買い物は2000円越え。

昼食の時間が確約されていないので、すぐにその場で食べられるものばかりです。

夜、といっても明け方に食べるのは、やっぱりコンビニ。

もしくは繁華街のラーメン屋か、おにぎり屋。

そんな食生活を4年も続けていたら、こんな人間になってしまいました。

実家から通えば、食生活はまだましだったかもしれませんが、明け方に帰って朝早くに出て行くだなんて生活、両親にはとてもじゃないけど見せられなかった。

なにしろ、精神的にもボロボロで、両親の前で、元気なふりをするくらいの精神力も体力も、もう残ってなかった。

両親には、何故もっと早くに打ち明けなかったのかと言われたけど。

私は、会社が、ボスが、いつか変わってくれると思っていたから。それまでは我慢しようって思っていました。

でも変わらなかった。

壊れるまで、変えてもらえなかった。
全てはお前のせいだと。仕事の仕方が悪いんだと。

私もそう信じて自分の能力不足を責め、でもいつか会社が気付いてくれるかもしれない、という甘い期待をしていました。

会社は変わらない。

どれだけ精神疾患者を出そうとも、精神疾患になる奴が悪いんだ、弱いんだ、責任を自分ではなく他者にむけるからこうなるんだ、と、言いつづけるのです。