読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元秘書AKUの”パニ&鬱”克服ブログ

秘書時代に受けた過労とあらゆるハラスメントでパニと鬱に。現在は大企業でしがない派遣社員・・・人生のリベンジなるか!?

裏と表にイライラ

今の職場は大きな組織。

 

人によっては大きなチカラを持っている人もいる。

そのチカラに群がる蝿も。

 

その蝿の裏と表に、どうしてもイライラしてしまう。

 

秘書時代には感じなかった、

裏と表をあからさまに使い分ける人への嫌悪感。

 

「あぁ、この人ゴマ擦ってるなー」

「あぁ、この人保身に走ってるなー」

 

と、日々感じざるを得ないポジションだったので、

人の裏表には慣れているはずなのに。

 

でもよく考えると、あの頃は、

「コイツの裏表、ひどいだろうな」ということはすぐにわかっても、

その人の裏の顔に接する機会があまりなかった。

 

だから、裏の顔まで見えるポジションにいる現在、

とてつもない違和感と嫌悪感に苛まれるのかな・・・。

 

人はここまで裏表を使い分けるのか!?

 

と、毎日人間不信になるくらい。

 

これはずーっと思っていることだけど・・・

裏表使い分けるの面倒くさくないのかな?

 

家から一歩社会に出たら、

ずっと表でいけばいいんじゃないの?

 

誰に対してもきちんと社会人として当たり前の気遣いするくらい、

何が減るというんだろう。

 

だから干される寸前なんじゃ・・・?

裏表を使い分ける人って、損な生き方だよなぁ。

 

と思ってしまう。

 

どれだけ虚勢を張っても、

手に入らないものは入らない、

変わらないものは変えられない、

流れる月日は止められない。

 

裏表は自分が思っている以上に、

周囲に伝わるものなのに。

 

どうして気付かないのかな、

そう思うとイライラする。

 

そんな私もまだまだダメだよな。

 

ある先生がおっしゃってくださった言葉。

 

「他人を見すぎると、自分を見失う。」

 

いま、まさにその典型。

イライラしすぎて自律神経不調。

 

ただでさえ通院に逆戻りしちゃったのに、

いらんことで心労を重ねてしまっている。

 

「他人を見すぎると、自分を見失う。」

 

人のことはどうでもいい。

しっかりしろ、私。